娘への虐待を離婚した父親が発見

「寝ていないから」女児2人の顔殴り腹部蹴る 介護士の男逮捕

※上記はリンクが切れていたので,下のリンクをご参照ください。
交際相手の子供2人を暴行した介護士の男 「暴力をふるった理由」に呆れと怒りが続出

母親の交際相手が4歳と7歳の女の子を顔などを殴ったのを,離婚した父親が気づき通報した事件です。
父親が気づけたのは,面会交流をしていたからでしょうから,父子との交流が断絶されていれば,虐待はもっと長期に渡っていたかもしれません。
子どもと別居親との交流の大切さを示した事件と言えそうです。

でも,父親より先に母親も気づいていたのではないでしょうか。
裁判所の親権判断では性別的に母親が有利になりがちですが,そのことでの弊害も少なからずあるように思えます。

【9月30日、神戸市に住む介護士の男 23歳 を逮捕。 小学1年生女児7歳、二女4歳。 母親 23歳。離婚した元夫 41歳。】

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『ジャスティス九州』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です