面会交流拒否での損害賠償請求(係属中)

親子の交流を阻害した責任を問うている裁判です。
傍聴は自由ですので、関心のある方は足を運んではいかがでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

面会拒否に対する損害賠償請求事件
3回目の口頭弁論期日
平成30年11月16日、11時〜

熊本地方裁判所山鹿支部
〒861-0501
熊本県山鹿市山鹿280
0968-44-5141

夫婦は、平成27年11月に離婚して、長女と二女は母親と同居することになった。
離婚後、毎月の面会交流は問題なく実施されていた。
平成28年8月、長女だけが父親と暮らすことを希望し、父親と同居することになった。
平成28年10月以降、母親が、父親と長女に対して、二女との面会を拒否し、父親と長女は二女との面会を断絶された。
父親は、すぐに面会交流調停を申立てるが、平成29年10月、調停不成立となり、審判に以降し、平成30年3月、面会交流させる判決が確定した。
しかし、母親は二女との面会を拒否し、その後、同年4月、裁判所から履行勧告されても拒否、同年6月、間接強制が決定しても拒否したため、父親は、同年7月10日、損害賠償請求を提訴した。
すると、7月16日、急に二女との面会が実施されて、8月、9月、10月、と面会が継続されるようになった事案。

長女は現在中学一年生。
二女は現在小学二年生。
長女が、父親との同居を希望した理由は、母親による、姉妹差別や育児放棄などがあったためである。

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『ジャスティス九州』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です