臨時交流会(2018.10.20)

先日とはまた別の当事者が県外から来熊されましたので、『ジャスティス九州』の2人が一緒に食事をしてきました。

いつも出てくるのは、連れ去りが追認されている現状や、裁判所が認める親子交流の貧弱さ。
これが改善されれば、紛争はかなり減少すると思うのですが。
子どもの気持ちにしても、話し合いもせずに自分を連れ去って家族を壊した親や、もう一方の親と十分に交流をさせようとしない親に対して、葛藤を抱くようになるのではと思います。

たとえば、このようなこともあります。
「子どもが物心ついて、自分がどういうことをされたのかを理解した時、母親に対する愛着を失ってしまう場合があるんですね。この前は『20歳になるのを指折り数えて待っているんだ』というお子さんがいました。『20歳になったら家を出て、父親と失った絆を築き直す。お母さんは捨てるんだ』って。ですので、短期的な視点で片親を遠ざけることができたとしても、長期的に見れば、子どもから見離されてしまうことも起きてしまうんです。」

棚瀬一代(2010)「共同親権― 親子が幸せになる離婚」BIG ISSUEJ APAN151号

8cba1f366284995be76c6b94b8faec5d

 

子どもが犠牲にならない社会にするため、私達も頑張っていこうと思います。
離婚や別居に伴う親子交流でお悩みの方は、『ジャスティス九州』までご連絡ください。

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『ジャスティス九州』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。