Featured Video Play Icon

子の連れ去りと監護者の指定についての国会答弁(平成30年11月16日)

この国会答弁では触れられていませんが、そもそも夫婦関係には同居義務があるのですから、よほどの正当な理由がない限り、別居すること自体が法的には違法行為です。
それに、過去の判例には、育児を「無上の喜びや感動」を与えられる体験としているものもあります(東京高等裁判所平成21年12月21日判タ1365号223頁)。
そのため、正当な理由なく子を連れ去って別居し、「無上の喜びや感動」の機会を奪うことは、相手に著しい精神的苦痛を生じさせる行為です。
事実、『親子りんくす@熊本」にもそのような精神的苦痛を被った当事者が集まっています。

そして,このような子の連れ去りは、協力して子を育てるべき父母間の信頼関係を著しく破壊する行為ですので、子の福祉の観点からも不適切です。
裁判所はこのような実情に鑑みて、不当な同居義務違反である子の連れ去り別居を追認することなく、むしろ、子の福祉のためにも、このような行為に対して抑止力となる判断をすべきなのではないでしょうか。

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『人権保護協議会ジャスティス日本』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

「子の連れ去りと監護者の指定についての国会答弁(平成30年11月16日)」への1件のフィードバック

  1. 違法な母親による子ども連れ去りは子どもにとって悲劇。また、児童虐待。そして父子断絶、が行われている場合には明らかに、未成年者略取誘拐罪。実子誘拐拉致の罪は、重大!連れ去り親は、自分勝手に不幸な子ども達をこれ以上親の都合で増やさないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です