日本記者クラブ 小田切教授の言葉

先日おこなわれた日本記者クラブでの記者会見の際、小田切教授がスピーチされた内容で、子どもの事を最優先に考えた発言をされました。

その内容を兵庫県にお住いの当事者の方がわざわざ文章化され、またその内容に感銘を受けましたので、PDFで掲載させていただきます。

小田切教授スピーチ

30480_2019.4.9 日本記者クラブ 小田切教授発言

 

このスピーチ内容は、一般には理解されていない子どもの心理状態を克明に表しています。

子どもの気持ちを理解していく努力が必要ですね!

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『ジャスティス九州』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です