一年が経った今・・・

私が仕事が終わり家に帰ると、子どもも妻も居なくなっていた。

それがちょうど一年前の今日でした。

早いもので一年が経ちました。
慌ただしく過ぎていったように感じるので、早かったようにも思います。

THE 虎舞竜の「ロード」の歌詞ではないですが、ちょうど一年前に・・・

あの時は、未来が閉ざされました。 
自殺も考えました。

しかし、何とか耐えて今に至っています。

DV(家庭内暴力)や児童虐待などがあった場合は仕方ありませんが、夫婦間のトラブルを、子どもを巻き沿いにした形で終えようとする行為、それが違法な子どもの連れ去りに繋がるわけです。
その行為が善か悪かと考えて、相手側に有責性が無い限り悪でしょう。

しかし、今の日本ではそれが許されてしまっているし、弁護士が指南している場合も多くあります。

違法に子どもを連れ去った方、もう一度考えてみてください。

あなたが子どもと一緒に家を出る時、無我夢中だったことでしょう。。。
先々の事を考える余裕もなく、自分の気持ちと子どもの気持ちは一緒だと思い込んでしまい、その場から逃げる事しか考えられなかった事でしょう。。。

私も同じ立場ならそうしたかもしれません。

しかし、本当にその行為が適正であり、正義だったのでしょうか?
子どものため、子どもの利益・福祉になったのでしょうか?

子どもの心の中を静かに覗いてみてください。。。
泣いていませんか?

あなたの前では笑顔でも、本当に心から笑顔がでていますか?

私たちは親ですが、わが子だからといって、子どもの人生を勝手に狂わせる権限なんてありません。

少し立ち止まって子ども達の心の声と会話をしてみませんか?
今からでも遅くはないと思います。

子ども達の心の声に、そっと「ごめんね」と語りかけてみてください。

子ども達もわかってくれるはずです。
それは子ども達もあなたの事が大好きなはずですから。。。

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『ジャスティス九州』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です