議員会館へ陳情!

全国の児相被害者の方々と、維新の会の串田衆議院議員のもとへ陳情にいきました。

全国には不当に子どもを一時保護されて、一切の断絶を余儀なくされている親子が沢山いらっしゃいます。

その方達を代表して、児相被害を国会へ届けるために陳述書(要望書)を届け、また直接串田議員に被害者の声を聞いていただきました!

やっと私たちの声が国会に届けられます!

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『人権保護協議会ジャスティス日本』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です