Featured Video Play Icon

ミセス・ダウト

名優ロビン・ウィリアムズが主人公の作品。
主人公は妻に離婚を宣言され,子どもたちに週に1回“しか”会えなくなります。
それに耐えきれず,主人公はもっと子どもたちと過ごすための作戦に出たのですが・・・・

この映画は1993年のものですが,少なくとも週1回の親子の交流が保障されています。
それに対して,日本では子どもと別居すると,裁判所の決定は週1回どころか,月1回やそれ以下がほとんどです。
親子の愛情に日米の差があるとは思えませんから,日本の裁判所も親子の絆を大切にしてもらいたいものです。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ